JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分≫詳しく見る
044-922-4867
web予約

Qスイッチ
ルビーレーザー

Qスイッチルビーレーザーとは

肌の調子がよくなってうれしい女性イメージ

メラニンなどが含まれた細胞を選択的に破壊していく、Qスイッチレーザーのひとつです。これはとても短い照射時間であったとしても非常に強いエネルギーのレーザーパルスが出せるようになるというもので、同レーザーはルビーレーザーだけでなく、アレキサンドライトレーザー、Nd:YAGレーザーもあります。当院では、このQスイッチルビーレーザーが出力される機器を用いた美容医療を行っております。

このルビーレーザーは、レーザー光を出力として取り出すには効率が悪いということで、産業用には適さないとされています。ただ同レーザーの波長694nmというのは、メラニン色素によく吸収されやすく、同色素を選択的に破壊していきます。これによって周囲の正常な皮膚組織のダメージを極力抑えながら、ほくろやしみの除去に期待できるとして美容医療において活用されています。なお破壊されたメラニン色素は、やがて体外に排出、あるいは体内に取り込まれるなどして分解されていきます。

なお、表皮の部分にあるメラニン色素によるしみは、普通のルビーレーザーでも対応できますが、それよりも深い層(真皮)にあるしみについては、Qスイッチモードのついたルビーレーザーでないと除去が難しいとされています。

Qスイッチルビーレーザーが有効とされる主なしみ

  • 老人性色素斑(加齢が原因のしみ)
  • 雀卵斑(そばかす)
  • ほくろ
  • 太田母斑(青あざ)
  • ADM(後天性真皮メラノサイトーシス) など

施術について

Qスイッチルビーレーザーによる施術に関しましては、照射は一瞬と言えるほどの短時間で済みます。そのため痛みも少ないとされていますが、どうしても痛みが苦手という方には麻酔テープや麻酔クリーム、局所麻酔を使用していきます。ちなみに麻酔の処置をしなかった場合、肌をゴムでパチンと弾かれるような痛みを感じることはあります。

また施術時は、照射部位のメイクや日焼け止めは落とした状態で、目をしっかり保護してからレーザーを照射していきます。照射は短時間で終了します。施術後は、照射部位に軟膏を塗布し、保護用のテープを貼るなどしていきます。かさぶたが剥がれていくまでの2週間程度の期間はシールを貼る必要がありますが、その上からメイクをして隠すことも可能です。

施術後の注意点

施術後の注意点ですが、とくに深部にあるしみを除去した場合は、一時的に色が濃くなることがあります(色素増強)。この状況は数ヵ月(2~3ヵ月)続くこともありますが、その後は薄くなっていきます。またレーザー光によって皮膚は軽い火傷を負った状態になるので、炎症による色素沈着がみられることもあります(照射部位の周囲が黒ずむ など)。ただ老人性色素斑ではないので、数ヵ月程度で消えるようになります。その間は、日焼けに注意するなどしてください。また可能性としては低いですが、治療後に照射部位に細菌が入るなどして感染し、化膿してしまうというケースも考えられます。ただし洗顔をして、薬を塗布するなどのアフターケアをしっかり行っていれば、そのリスクは避けられます。

また治療回数に関してですが、老人性色素斑や雀卵斑であれば1回で終了することが多いです。ほくろや後天性真皮メラノサイトーシスでは、一定の期間を空けて数回程度通院する必要があります。

診療時間
〇 院長診療
□ 第2・4土曜日は非常勤男性医師診療
ピアス 〇・△  レーザー 〇
休診日:日曜日、祝日
日祝
9:00~12:00
14:00~18:30
院長
根本 威志
診療内容
皮膚科
電話
044-922-4867
所在地
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ2F
最寄駅
JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分
Page Top