JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分≫詳しく見る
044-922-4867
web予約

脱毛症・薄毛(AGA)

AGAとは

AGAイメージ

AGA(Androgenetic Alopeciaの略称)は男性型脱毛症と呼ばれるもので、アンドロゲン(男性ホルモン)が作用することによって起きる(髭や胸毛などの発育を促進させ、頭部の発育は抑制する)と言われているものです。これによって前頭部や頭頂部が薄くなっていき、やがてそれらの部位に頭髪がなくなっていきます。なお、AGAの症状は、思春期以降に発症するもので、30代を過ぎる頃には顕在化するようになります。

発症のメカニズムですが、人の髪の毛というのは、1本の毛がずっと生え続けているのではなく、抜けては生え変わるというサイクルを繰り返していきます。これをヘアサイクル(毛周期:成長期・退行期・休止期を繰り返す)と言います。AGAでは、アンドロゲンに含まれるテストステロンがⅡ型5α還元酵素によって還元され、ジヒドロテストステロン(DHT)となって、毛包の受容体に結合してしまいます。これが主に前頭部と頭頂部のヘアサイクルの成長期を短縮させ、だんだんと毛包は縮小し、これらの部位の頭髪は細くて短くなっていき、最終的には脱毛するようになるのです。

なお、女性にも男性ホルモンは含まれていますので、同じように発症することもあります。ただし、男性とは病態が異なるので女性型脱毛症と診断されます。この場合、頭頂部の頭髪がそこそこ広い範囲で薄くなっていき、更年期を過ぎた頃に発症しやすくなるという特徴がみられます。

主に薄毛の症状や部位、年齢などからAGAの有無を診断していきますが、その際は他の病気や薬剤などが薄毛や脱毛に関わっていないかもしっかり確認していきます。その結果、AGAと診断された患者さまにつきましては、医師がAGA治療薬を処方いたします。

治療について

AGAの治療で一般的に行われているのが薬物療法で、主にフィナステリドが主成分のプロペシアや、デュタステリドが主成分のサガーロを処方していきます。どちらも5α還元酵素の働きを阻害するというものです。これは男性型脱毛症の患者さまに最も有効とされる治療です。女性型脱毛症では使用されません。

なおプロペシアやサガーロを服用することで、男性機能の低下(性欲減退、勃起不全 など)がみられるのをはじめ、抑うつ状態、乳房の女性化といったものがみられるほか、肝臓に負担をかけるので肝機能障害のある方は服用できないこともあります。

また、ミノキシジルという発毛を促す成分が含まれる外用の育毛剤があるのですが、これは女性型脱毛症でも使用されます。男性型脱毛症では、プロペシアやサガーロと併用されることもあります。ちなみにこの育毛剤には男性用と女性用があるのですが、この違いは育毛剤に含まれるミノキシジル成分の量です(男性の方が多い)。女性が男性用を使用すると体毛が濃くなる可能性も考えられます。

診療時間
〇 院長診療
□ 第2・4土曜日は非常勤男性医師診療
ピアス 〇・△  レーザー 〇
休診日:日曜日、祝日
日祝
9:00~12:00
14:00~18:30
院長
根本 威志
診療内容
皮膚科
電話
044-922-4867
所在地
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ2F
最寄駅
JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分
Page Top