JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分≫詳しく見る
044-922-4867
web予約

多汗症

多汗症とは

多汗症イメージ

2つある汗腺(エクリン汗腺、アポクリン汗腺)のうち、エクリン汗腺から異常に汗が出ている状態で、それが日常生活に影響を及ぼしている状態が多汗症です。この場合、全身より異常な発汗がみられる全身性多汗症と限定した部位(腋の下、手のひら、頭部・顔面 など)で多量に発汗する局所性多汗症の2つのケースが考えられ、それぞれ原因が特定できない原発性と病気などが原因の続発性に分類されます。

全身性多汗症で、続発性の場合は、甲状腺機能亢進症、糖尿病、肥満、糖尿病、膠原病などの病気や薬剤の使用(向精神薬 など)といったことが挙げられます。原発性については不明です。また局所性多汗症の場合、原発性としては、運動や緊張といったことで体の一部が大量に発汗する、掌蹠多汗症、腋窩多汗症、顔面多汗症などが考えられます。続発性の場合は、末梢神経障害、エクリン母斑などの皮膚疾患、フライ症候群などの病気が可能性としてあります。

治療について

原因が特定されている場合(続発性の多汗症)は、その原疾患とされる病気の治療となります。

原発性の局所性多汗症の患者さまにつきましては、主に以下の治療法を行っていきます。発汗が激しい部位に塩化アルミニウム液を塗布するなど外用薬を用いた治療、発汗多量の部位に水道水をつけて電流を流していくイオントフォレーシス、多量に発汗する部位にボツリヌス毒素が薬剤の注射をしていき、そこの神経をブロックすることで発汗量が減少するA型ボツリヌス毒素による局所注射などです。

診療時間
〇 院長診療
□ 第2・4土曜日は非常勤男性医師診療
ピアス 〇・△  レーザー 〇
休診日:日曜日、祝日
日祝
9:00~12:00
14:00~18:30
院長
根本 威志
診療内容
皮膚科
電話
044-922-4867
所在地
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ2F
最寄駅
JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分
Page Top