JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分≫詳しく見る
044-922-4867
web予約

湿疹皮膚炎
(アトピー性皮膚炎)

アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎イメージ

アトピー性皮膚炎は、アレルギー疾患を発症しやすい体質(アトピー素因)の方や、皮膚バリア機能が低下している状態からアレルゲン(抗原:アレルギーの原因となる物質)が入り込むなどして発症すると言われています。

主な症状は、かゆみの症状が強い湿疹で、これが左右対称でみられ、良くなったり悪くなったりを繰り返す慢性皮膚疾患です。かゆみに耐え切れず、搔き壊すようになると症状は悪化するようになります。

乳幼児が発症しやすく、生後2ヵ月を過ぎた頃から症状がみられるようになります。頭から足まで全身に発症する可能性はありますが、乳幼児では頭部や頸部、肘や膝などの関節の内側で起きやすいです。1歳頃になると、湿疹部位はカサカサと乾燥するようになって、その部分は黒くなっていきます。また顔に症状は出なくなって、首回りや肘・膝の内側を中心に皮膚症状(乾燥した状態、苔癬化 など)がみられるようになります。

またこれまでは、成長するにつれて自然と治まるようになると言われてきましたが、最近は大人になっても症状が治まらない、成長してから発症した(思春期以降)という例も少なくありません。この場合は、頭部や頸部、胸、背中といった上半身を中心に皮疹がみられるようになります。

同疾患の発症が確認されるとアレルゲンを特定させるための検査をすることもあります。乳児では、卵や牛乳といった食物が関係しているケースもありますが、この場合は1歳を過ぎる頃には関係なくなっていくことが大半です。幼児以降は、ダニなどのハウスダストがアレルゲンとなって引き起こされることが多く、成人の患者さまもこのケースが大半ですが、成人の場合はストレスや疲労によって、さらに症状を重症化させることも少なくありません。

治療について

この病気を完治させることは難しいので、日常生活に支障をきたさない程度まで抑えることが主な目標となります。基本的な治療は以下のようなものです。

まず皮膚症状(炎症を抑制する など)を抑える治療として、ステロイド外用薬やタクロリムス軟膏といった塗り薬を使用していきます。また再発を予防するためのスキンケアも欠かさないようにしてください。具体的には、皮膚を清潔に保つ(入浴やシャワーでしっかり洗う、泡などは十分に注ぐ など)、保湿剤(ヘパリン類似物質、ワセリン など)を使用して、肌の潤いを維持していきます。このほか、強いかゆみがある場合は、抗ヒスタミン薬を使用していきます。

診療時間
〇 院長診療
□ 第2・4土曜日は非常勤男性医師診療
ピアス 〇・△  レーザー 〇
休診日:日曜日、祝日
日祝
9:00~12:00
14:00~18:30
院長
根本 威志
診療内容
皮膚科
電話
044-922-4867
所在地
〒214-0014
川崎市多摩区登戸2427-5
メディカルプレイスタナカ2F
最寄駅
JR南武線、小田急線 登戸駅
生田緑地口 徒歩1分
Page Top